仕事の面接で最低限意識しなければいけないポイント

仕事に対する意欲を見せること

仕事の求人に応募した場合は、いよいよ採用試験を受けます。正社員の場合は、書類選考をしてから面接をするパターンも多いですがいきなり面接試験から始まる会社もあります。また、アルバイトや派遣の場合は面接試験だけというのも珍しくないです。どちらにしても面接試験が採用を勝ち取るために大事ですから面接試験でなるべく高い評価をもらうようにします。そこで、大事なポイントが仕事に対する意欲を面接官に見せることです。

例えば、社会人に相応しい身だしなみをします。黒髪でスーツで面接に挑み、ピアスなども必ず外すようにしましょう。また、面接官から志望動機や特技、長所などさまざまな質問を受けます。自分の仕事への熱意を証明できる大きなチャンスなので、自分のやる気やスキルなどを上手く説明していきましょう。

履歴書や職務経歴書との不一致に注意する

面接試験を受ける時は、履歴書や職務経歴書の不一致に注意する必要があります。例えば、面接では志望動機を聞かれますがこの時に履歴書の志望動機とまったく違う事を言うとどちらが本当の志望動機なのか面接官が混乱します。さらに、志望動機が書類と一致しないとこの人の志望動機は曖昧で適当な人間と評価される可能性が高いです。このような状況になると、他の要素が良くても不採用になる確率が高いので書類との不一致が起こらないようにしましょう。

また、書類に記載された事をスムーズに言えないとこれも大きなマイナスになります。履歴書や職務経歴書についての質問には、スムーズに答えられるように準備します。

日研トータルソーシングでは人材派遣と業務請負の二つをサービスとして提供しているため、予算管理も考慮した人材補強が可能です。