仕事探しは面接が重要!電話で面接を受ける時のポイントって?

いろいろな面接方法がある

面接無しで応募すればすぐに採用という求人もありますが、ほとんど場合は求人情報に応募した後に、面接官による面接が行われて採用か不採用かが判断されます。応募者の人柄などを知るためには、応募書類だけではわからない点も多いため、面接を重要視している会社が多くなっています。面接は応募した会社や指定の場所で対面が行われる他、Webカメラを使用したWeb面接や電話で行われる面接もあります。どういった方法で面接が行われるかは、求人情報に掲載されているケースがほとんどです。中には応募後に面接方法について連絡が来るケースもあるため、どちらにも対応できるようにしておくと良いでしょう。

電話での面接のメリット

電話での面接のメリットとして挙げられるのが、面接官と対面せずに面接が受けられるという点です。そのため、面接官を前にすると緊張してしまい、思うように自分をアピールできないという人におすすめと言えるでしょう。また、電話での面接なら、自宅などリラックスできる場所で面接が受けられるのも、緊張せずに面接を受けるためには大きなメリットと言えます。

電話での面接を受ける時の注意点

声だけで判断される電話面接で注意しなければならないのが、時間やどちらから電話をかけるのかなどをしっかり確認しておくという点です。ここで行き違いがあると、ルーズな印象を与えることになってしまいます。自宅で電話をする場合は、周囲の騒音には注意が必要です。テレビを付けっぱなしにしていたり、騒がしい場所で電話をすると、お互いに声が聞こえにくいだけでなく、悪印象を与える場合があります。また、ふだんから声が小さい、早口気味という人は、はっきりとした大きな声で落ち着いて面接を受けるようにすると良いでしょう。

仕事探しをする前には、自分にとって譲れないものと、妥協できる部分を洗い出し、整理しておくことが欠かせません。