工場の住み込みの仕事とは!?住み込みで働くメリットって何?

工場は住み込みの仕事が多い

工場は全国にたくさんあり、遠くから来ている人が働きやすいように住み込みの寮を設けていることがあります。工場の仕事は深夜の仕事がありますし、終電以降に勤務時間がある仕事は、職場の近くに社宅や寮を用意し、住み込みで働けるスタッフを募集することが多いのです。そうすることで、生産性の向上につながります。

工場の住み込みの仕事はどんなことをするの

住み込みで仕事をすると言っても、工場で行う仕事はどこもあまり変わりません。コンビニの弁当や、スイーツの食品関連、パソコンや車の部品を作る製造業を行います。工場の仕事には、黙々と作業するライン作業、機械を使うマシンオペレーター、できあがった商品をチェックする検査の仕事などがあります。繁忙期では夜間業務が必要になる工場もあり、住み込みで働くスタッフを求めているのです。

住み込みで働くメリットとは

寮の中には、寮費が無料だったり、水道光熱費がかからない場合があります。費用を会社が負担してくれることで出費が減り、お金をためやすくなるでしょう。寮が工場から近ければ交通費もかからないですし、仕事帰りに飲みに行ったり、どこかに買い物に行ったりということも少なくなります。浪費癖がある人は、寮生活をすることで浪費癖をなおすきっかけになるかもしれません。寮生活では、同僚や先輩たちともつながりができるようになります。プライベートと仕事の線引きが難しくなりますが、一人暮らしは寂しい、仲間とワイワイしたいという人は、寮生活は向いているでしょう。工場の仕事に興味があり、新しい土地で心機一転したい人は、住み込みで働いてみましょう。

住み込みの求人が多い業種として、自動車や電機メーカー等が挙げられます。それは、工場が24時間稼働しており、三交代制が多く、住み込みの従業員が常時待機することによって、効率的な生産を実現するためです。