経験アピールが大事!管理職への転職で知っておきたいこと

この人に任せたい!そう思わせるのがポイント

管理職というのは、仕事をより良い方向に導くため、一緒に働くスタッフの力を最大限に引き上げる能力が求められます。当然、自分一人の個人プレーで成績を上げれて終わりではありません。自分のことは後回しにしても、他のスタッフが上手く働けるようにする仕事です。そんな管理職を任せたいと思ってもらえれば求人応募も成功するでしょう。管理職を募集している会社の仕事が未経験であっても心配はありません。なぜなら、あなたよりもその仕事に詳しいスタッフが働いてくれるからです。大事なのは、問題が起きてもしっかり対処するという責任感をアピールしたり、今までの仕事で起きたトラブル対応法などを正直に伝えることができるとポイントが高くなります。

管理職が初めて!それでも心配しなくて良い理由

誰でも初めての体験というのはあるものです。仕事においても同じです。全く仕事をしたことの無い人が管理職につけることはありませんが、管理職未経験でも、今までの仕事の経験があれば対応することは可能です。求人面接では、未経験だからこそ気が付く点や、今まで感銘を受けた上司について自分の考えを話しましょう。例えば、普段は言葉数が少ないけれども、いざというときには先頭に立って周りを引っ張ってくれた上司のやり方を間近で学んだ。そういう話でも心から語ることが出来れば十分です。良い体験をしている人は、同じ事をやれるという期待が生まれるからです。新しいチャレンジは緊張するものですが、管理職の仕事にはそれだけの価値があります。

ネットワークエンジニアはネットワークの設計、構築、監視・運用を担います。お客様からの依頼を受けてから設計から保守をします。