トラックドライバーになりたい?必要な免許を知ろう!

いろいろな種類の免許がある

トラックドライバーになりたいと考えるなら、必要な免許を取得しなければいけません。トラックを運転できる免許の種類には、普通自動車用のほかに準中型と中型と大型があるので、それぞれがどのようなトラックに乗れるのか調べてみましょう。もしも、普通免許しか持っていないのなら、ほかの種類を取得することを考えたほうがよいです。それは普通免許では軽トラックのような小さな車両しか運転できないからです。

中型と大型は取得条件がある

トラックドライバーになりたいのなら、さまざまな車両が運転できるようになる、中型や大型の免許を取得しておいたほうがよいです。しかし、それらの免許には取得条件があるので、すぐに取得するのは無理かもしれません。普通免許を取ってから、中型の場合は2年、大型の場合は3年の経歴がなければ取得することはできないのです。もしも中型や大型の取得条件を満たしていないのなら、準中型にチャレンジすることを考えてみましょう。準中型の条件は18歳以上なので、普通免許と同じように取得できると考えても大丈夫です。準中型だとしても、運転できるトラックの種類が増えるため、求人に応募しやすくなります。

普通免許でもトラックを運転できることも

運送業で利用するトラックは大きなものが多いので、普通免許では対応できない場合がほとんどです。しかし、免許を取得した時期が、かなり昔ならば、普通免許でもトラックが運転できる可能性があります。自身がどのような車両を運転できるのかは、免許に記載されているので、そちらを確認してみましょう。場合によっては、最大積載量が5トン未満のトラックなら問題なく運転ができます。

トラックドライバーの求人の数は、探す場所によっても変わってきます。東京などの大都市であれば、当然求人の数は多くなります。