1日の流れはどんな感じ?保育士の仕事内容が知りたい!

朝は開園の準備からスタート

保育園を例に、保育士の仕事内容や1日の流れを紹介します。朝は開園の準備からスタートです。子供達が登園する前に、部屋の掃除や換気を行います。スケジュールや引継ぎ事項を確認し、朝礼が終わったら子供達の迎え入れです。朝の会では出席確認や体操を行い、その後は課題や遊びなどのプログラムを実施します。早朝保育はクラス別より合同で行っている保育園が多いです。職員と連携して子供達の健康状態もチェックしておきます。

昼は食事や絵本の読み聞かせ

昼が近くなったら食事の準備に入り、子供達にはうがいと手洗いをしてもらいます。アレルギー対応を行っている保育園では、子供に合った対応食を作らなければなりません。食事は子供達と一緒にとり、食べ終わったら皆で後片付けをします。歯磨きとトイレが終わったら、絵本の読み聞かせや昼寝の時間です。子供達が寝ている間は休憩したり、会議や連絡帳への記入といった書類整理も行います。

午後は保護者のお迎えを待つ

午後は室内や園内で遊ばせることが多く、大きい子供がいる場合は散歩など外遊びをすることもあります。保護者のお迎えがあったら、1日の様子や連絡事項を伝えて見送りです。延長保育に対応している保育園では、夕方におやつを出す場合もあります。子供達を見送ったら園内の掃除や片づけ、戸締りをしたら仕事は終わりです。行事などイベントが近いときは、残業や持ち帰りで仕事をすることもあります。研修や職員会議といった時間外の仕事もあり、帰宅が夜遅くになる日も珍しくありません。

保育士の求人を大阪で探す最大のメリットと言えるのが、種類の豊富さです。保育園の軒数が多い為、規模や待遇、働き方など様々な選択肢から選ぶ事が出来ます。