ドライバーでも違う!?旅客輸送と貨物輸送それぞれの運転手

ドライバーは旅客輸送と貨物輸送に分かれる

ドライバーと言っても、人を運ぶか製品を運搬するかに分かれ、前者は旅客輸送で後者は貨物輸送となります。前者の例としてタクシーの運転手、後者の例ではトラックドライバーを挙げることができます。しかし、外部から見たら運転するという面は一緒でも、全部が同じとは言えません。というのも、人を運ぶのと製品を運搬することでは、異なる部分が出てくるためです。そこで、両者は何が違っているのかをチェックしてみることにしましょう。

タクシードライバーについて

タクシードライバーの場合、乗客を目的地まで安全に運ばなければなりません。なぜならば、乗客を運ぶことは命を預かるという意味になってくるからです。また、タクシーの車内で料金を受け取ることから接客技術も身に付けましょう。ちなみに、タクシードライバーの仕事を探す場合にはインターネットや求人誌で見つけるパターンとなります。なお、タクシーのドライバーには二種の免許が要るものの、会社が免許代を負担してくれる場合があります。

トラックドライバーに関して

トラックドライバーにおいては、荷物を納入先まで安全に輸送することが仕事になります。そして、トラックドライバーは当然ながら預かった荷物を無事な状態で運ばなければなりません。トラックの運転手の仕事を探す場合、インターネットの他に求人誌で検索する方法があります。ちなみに、トラックのドライバーに就くためには免許が必要不可欠です。例えば、大型トラックのドライバーについては大型免許が要求されます。

性別や年齢に関係なく応募しやすいのが、ドライバーの求人です。採用基準が低く、給料面も安定しています。